ブログ

相手に良い印象を与えるコツとは!?

こんにちは。ミルメブルーです!
今日は“相手に良い印象を与えるコツ”について考えていきたいと思います。

みなさんは、相手の印象をどのように判断しているでしょうか。
アメリカ・カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学名誉教授であったアルバート・メラビアンが、1971年に提唱したコミュニケーションの概念に『メラビアンの法則』別名『7-38-55ルール(3Vの法則)』というものがあります。

※3Vとは「Verba=言語情報」「Voca=聴覚情報=」「Visual=視覚情報」の頭文字である。

これによると、話し手のどのような情報が聞き手の印象に影響するかを数値化したもので、言語情報が7%、非言語コミュニケーションである聴覚情報が38%、視覚情報が55%の割合であるとされています。

言語情報:相手から直接発せられる言葉や話の内容、手紙や印刷物などに書いてある言葉など
聴覚情報:話す声の大きさやトーン、テンポ、話し方など耳から得られる言葉以外の情報
視覚情報:態度や表情、しぐさやジェスチャー、目線など

また、コミュニケーションは「言語コミュニケーション」「非言語コミュニケーション」の大きく2つに分類することができます。ここで注目すべきは、非言語コミュニケーションに分類される聴覚情報と視覚情報が9割以上を占めているということです。この二つの情報があなたの“印象”の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

特にビジネスの場面で相手に与える“印象”はとても重要であると言われています。

何故ビジネスの場面では「印象」が重要なのか

それは、チャンスは一度しか訪れない可能性が大いにあるからです。
例えば、なんとか取り付けた企業との商談の機会やなんとか書類選考を突破して面接に駒を進めた就職活動など、与えられた時間は30分~1時間といったところでしょうか。その中で、相手に良い印象を与え、次につなげる必要があります。

誰しも重要な場面で、できれば相手に好印象を与えたいと感じていると思います。また、一度相手に根付いてしまった印象を変えるには、かなりの時間を要するとも言われています。時間的な余裕の無い中で印象を変えるということは中々容易ではありません。
まずは自分が普段どのような表情や態度で相手とコミュニケーションを取っているか分からないという方は、ぜひ一度、友人や同僚など身近な人に初めて会った時の印象を聞いてみてください。
相手と話をする際に言葉のトーンと話の内容はリンクしているでしょうか。相手の話を聞く時は、内容に合った表情や相槌はできているでしょうか。

そこにあなたの印象を好転させるヒントが隠されているかもしれません。
コミュニケーションにおける『メラビアンの法則』、ぜひ意識してみてください♪

ありがとうございました!!

PAGE TOP