ブログ

隗より始めよ♪

私は、物流業界で何事も「まずはやってみよう」と
様々な事に、経営層、管理職層を巻き込んできた。
特に女性活躍や女性管理職の育成、イクボス増産など。

物流業界では、体力のいる仕事が多く、女性の積極登用はハードルが高いのも事実だ。

しかし、コロナ渦にあっても人手不足と言われている物流業界。
これまで業界を支えてきた男手だけでは、いつか限界を迎えかねない。

男性に向いているとしていた厳しい体力仕事を機械化や業務内容の改革を通じ女性であってもチャレンジできる環境を整える。
それがいずれ、男性にとっても長く活躍できる(労働寿命を延ばす)業界へと繋がるのではないか。

男性1人でやっとできる仕事なのであれば、短時間勤務の女性を集め複数人で業務をシェアしたり、
力のある男性でなくても、可能な仕事を重点的に女性活躍を検討してみるなど、工夫の余地があるのも、今の物流業界の特徴だと思う。

女性を応援すること、就業可能人口を増やすことは
この業界へのチャレンジをしやすいイメージに改革することになる。これが業界の未来を救うはずだ。

◆イクボスとは
職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します(対象は男性管理職に限らず、増えるであろう女性管理職も含む)。引用元

PAGE TOP